どうして肌が水分を失い乾燥してしまうのでしょうか?

 

「なんだか肌がカサカサに乾燥してしまう・・・」という乾燥肌のお悩みを抱えている40歳過ぎの女性は大勢いらっしゃいます。

特に、空気が乾燥し、湿度が下がった環境下の冬の季節は、肌の水分が奪われやすくなります。

乾燥肌に陥ってしまうと、どうしても老けた印象を与え、また、さまざまな肌トラブルを招くことになるので、女性にとっては大問題です。

そんな乾燥肌の原因は、一体何なのでしょうか?

以前は、洗顔後に化粧水をたっぷりとつけて、その水分を肌内部に閉じ込めておくために、乳液やクリームなどの油分でフタをするというスキンケア法が行われていましたが、これでは肌に潤いを与えて保湿したことにはなりません。

確かに、化粧水をたっぷりつけると、肌表面が濡れて潤ってるように感じますが、これは一時的なものでしかありません。

油分でフタをしたつもりでも、水分は、その隙間をぬって蒸発してしまうというわけです。

しかも、化粧水の構成成分は、ほとんどが水なので、肌の奥までは浸透しません。

肌の潤いを保ち、乾燥を防ぐために必要なのは、肌内部に存在している角質細胞間脂質といわれるセラミドなどの保湿成分です。

このセラミドは、肌の表面に位置する表皮という部分の中にある角質層で、水分を維持する働きをしています。

角質層は、わずか0.02ミリメートルの薄い膜ですが、その中で、顔の肌の場合、角質細胞がレンガ状に約20層積み重ねられ、その隙間をセラミドがぴったりと埋めているという状態を作っています。

こうした角質細胞が密着して作られている構造によって、肌内部の水分量が保たれ、また、紫外線などの刺激や異物が肌内部に浸入しないようにしっかりとブロックしています。

この構造を「バリヤ機能」と呼んでいます。

このバリヤ機能が正常に働いていれば、水分の蒸発を防いで乾燥から肌を守ることができますが、40歳を過ぎた頃から、加齢の影響で徐々にセラミドの量は減少し、さらに、間違った洗顔法やクレンジングによっても、セラミドが失われることがあります。

このようなことから、セラミドが減少してしまうと、バリヤ機能というシステムが崩れて、肌内部の水分が蒸発し、乾燥肌に陥ることになり、また、外部から紫外線などの刺激が入りやすくなるため、シミやシワなどができやすくなります。

乾燥肌を改善するには、ほとんど水で構成されている化粧水を使うのではなく、セラミドなどの保湿成分を含んだ美容液が必要ということです。

失われたセラミドを、美容液で補ってやればいいわけです。

アヤナス トライアルセット

セラミドの他に、保湿成分として有効なのは、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどがあります。

 

 

 

男性と女性の脱毛症はタイプも原因も違う!

 

女性にとって「髪は命」と、よく言われていますが、男性にとっても髪は、いくつになってもフサフサでいたいものです。

髪の毛が細くなって薄くなるとか、洗髪後、排水溝に多量の抜け毛が溜まるなど、髪のお悩みは男性ばかりと思いがちですが、実は、近年、髪のトラブルで悩む若い女性が増えています。

日本国内で髪に悩む男性は、1000万人以上で、女性も男性に負けない勢いで600万人以上とも言われています。

男性の薄毛の症状は、AGAと呼ばれる男性型脱毛症というタイプで、頭頂部を中心に徐々に薄くなったり、額の生え際が後退したりという特徴があり、最終的には、側頭部の髪を残してツルツルのハゲ状態になります。

それに対して女性の場合は、「びまん性脱毛症」というタイプが最も多いのですが、いくつかのタイプの脱毛症があります。

また、進行パターンも男性とは違い、平均的に薄くなり、ツルツルのハゲ状態になることはありません。

そして、男性型脱毛症は、男性ホルモンが変化したDHT(ジヒドロテストステロン)が原因で発症し、遺伝的な要因が強く影響していますが、女性の脱毛症は、睡眠不足や栄養の偏り、ストレスなど、日常の生活習慣が深く関係し、さらに、頭皮の血行が悪かったり、汚れて不衛生だったりする頭皮環境が影響しています。

数年前までは、男性型脱毛症の治療は遺伝的な要因が強いので、なかなか難しいとされていたのですが、近年は、育毛に関する研究が進み、今は、男性型脱毛症の塗り薬としてミノキシジルという成分が医学的に認められるようになり、改善効果が期待できるようになりました。

一方、女性の脱毛症は、男性に比べて改善しやすいと言われています。

血行が良く、清潔な状態を保って、元気な髪が生えやすい頭皮環境に整え、それと併行して、十分な睡眠時間を取り、栄養バランスを考えた食事を規則正しく摂り、ストレスを溜めないなど、健康的な生活習慣を送れば、高い確率で改善できます。

また、育毛ケアのために使う育毛剤や、毎日、洗髪に使うシャンプー剤やコンディショナーに含まれている成分の中には、頭皮にダメージを与えて、頭皮環境を悪化させてしまうものもあるので十分に注意して下さい。